1. ホーム
  2. ウォーターサーバー業者一覧
  3. ≫アルピナウォーターの姉妹サービスアルピナ8について

アルピナウォーターの姉妹サービスアルピナ8について

アルピナ8

こちらではアルピナウォーターの姉妹サービスであるアルピナ8について特集しています。

このページではアルピナ8の特徴や本家のアルピナウォーターとの違いについて解説しています。ちなみに本家アルピナウォーターについては詳細ページをご覧下さい。

アルピナウォーターの詳細はこちら

 

アルピナ8とは具体的にどんなサービスなのか?

アルピナ8対応地域

アルピナ8はアルピナウォーターの水を全国に届けてくれるサービスです。

アルピナウォーターの欠点として対応地域の狭さがありました。アルピナウォーターは株式会社トーエルや株式会社楽楽エージェントが提供しているサービスなのですが、そのどちらも全国対応をしていないというデメリットがありました。

これはアルピナウォーターのボトルが回収式のリターナブルボトルだったからです。ボトルを回収する手間があるのでどうしても配送地域が限られてしまっていたのです。

ちなみにアクアクララやクリクラは全国各地に代理店があるため、回収式のリターナブルボトルでも全国対応を実現していますが、それは本当に一部の大企業しかできない戦術であると言えます。

 

アルピナ8は使い捨てのワンウェイボトル方式の採用により全国対応を実現

ですがアルピナ8は使い捨てのワンウェイボトルの採用によって全国対応を実現しました。

しかも使用しているウォーターサーバーや、ボトルのお水はアルピナウォーターと同一のものです。つまりどういうことかというとアルピナ8はアルピナウォーターが非対応だった地域も対応しているサービスだということです。

もちろんアルピナウォーターの最大の魅力である、価格の安さや購入ノルマが無い点もアルピナ8では健在です。

ですからアルピナウォーターを申込みたくても、自分の住んでいる地位式が対応していなかったと涙を飲んだ方でも、このアルピナ8ならば、沖縄と一部の離島を除いて全国対応しているので申し込みができるのです。

 

アルピナ8とアルピナウォーターの違いとは?

ちなみにアルピナ8とアルピナウォーターの違いについて解説していきます。

 

1.対応地域の違い

アルピナウォーターは関東圏などの一部の地域対応です、アルピナ8は沖縄や一部の離島を除く全国対応のウォーターサーバーです。サービス自体の違いは若干ありますが、そこまで気にするほどほどでもないのが魅力です。

後述する2と3の違いについても、そこまで気にすることのことではありません

 

2.ボトルの方式の違い

アルピナウォーターは回収式のリターナブルボトルですが、アルピナ8は使い捨て型のワンウェイボトルです。タイプとしてはアルピナ8のワンウェイボトルの方が新しい方式になります。

アルピナ8のワンウェイボトルのほうが、空気が混入しづらく安全性が高いのが魅力です。

さらに8Lの軽量ボトルであるため、女性でも交換が楽というメリットがあります。ですので本家アルピナウォーターのタイプ地域でも、安全性とボトルの交換しやすさの観点からアルピナ8を申し込むメリットがあります。

 

3.ボトルの価格の若干の違い

ちなみにボトルの価格は本家アルピナウォーターのほうが若干安いです。

本家のアルピナウォーターは2015年4月現在で1L当たり79円ですが、アルピナ8は1L当たり85円となっています。つまり1Lあたりの価格が6円ほど高い点には注意が必要です。

もっとウォーターサーバー業界で安いと言われている、クリクラやコスモウォーターのプラスプレミアムのボトルが1Lあたり104円なので、アルピナ8の価格でも十分すぎるほどに安いと言えます。

 

アルピナウォーター対応外のあなたでも安心なのがアルピナ8

アルピナ8おすすめ

このようにアルピナ8はアルピナウォーター非対応の地域のための救済策ともいえるサービスです。

アルピナウォーターとの違いは上記であげた3つぐらいなので、アルピナウォーターを検討していた方でも抵抗なく導入できる点が魅力です。当然価格の易さもアルピナウォーターの準じるものがありますので、コストをあまりかくたくない方にもおすすめです。

アルピナウォーターが非対応だった方、軽量ボトルのほうがいいという方にはアルピナ8は最適です。

mopusikomi

気に入ったらシェアをお願いします!

2017年版!ウォーターサーバーランキング