1. ホーム
  2. コラム
  3. 天然水の知識
  4. ≫バナジウムの効能とそれを含んだ天然水について

バナジウムの効能とそれを含んだ天然水について

バナジウム天然水

当ページではバナジウム天然水の効能について解説しています。

美容・健康成分として注目されているバナジウムを含有した、バナジウム天然水に興味のある方は最後までご覧下さい。

 

バナジウムというミネラル成分について

バナジウムには一般的に血糖値を下げる作用や美容に良いといった効果があると言われています。

このバナジウムは天然水にも含まれる金属成分なのですが、特に富士山付近の湧き水に多く含まれており、そこで採取された天然水はバナジウム天然水という呼ばれ方をしています。

バナジウムには血糖値を下げる効果があるのではないかと期待され、2000年頃から一躍注目を集めましたが、残念ながらまだ医学的な根拠は実証されていません。

ですから現状では何かの結果を期待して飲むというよりは、飲んでみて天然水の味として美味しいと感じるかどうかで判断したほうが良いでしょう。

 

バナジウムを含有している富士山の天然水は人気

富士山の周りで採取された天然水を扱っているウォーターサーバーも実にたくさんあります。

富士山麓の地下200メートルから組み上げた水や、富士山の標高1,000メートルで採取した水、富士山のふもとの水源地から採取した水、富士山近くの国立公園内の深井戸の水など、インターネットでざっと調べただけでも富士山のめぐみの水にたくさんヒットします。

富士市には68もの水源地があると言いますから、それもそのはずですね。富士山の降水量は平均で1日約600万tとも言われています。そのうち450万tほどが地下水となってやがて伏流水となり、溶岩層をつたって湧き出すと言われています。

湧き出すまでには数十年かかるという研究もあり、その間にたくさんのミネラルを溶かし込んでいくわけですね。ちなみに毎日のミネラル補給をウォーターサーバーで行うメリットは参考記事をご覧下さい。

毎日のミネラル摂取にウォーターサーバーがおすすめな3つの理由

 

富士山のバナジウム天然水はそれ以外のミネラルも豊富

富士山の天然水に含まれる主な成分は、カリウム、鉄、バナジウム、銅、マグネシウム、ナトリウム、バリウム、「亜鉛」、マンガンなど。さすが活火山という感じです。

これだけのミネラルを含んでいながら、硬度30代という軟水だというのが日本人にとってとても馴染みやすい天然水である所以ではないでしょうか。これだけの軟水であれば、赤ちゃんにも安心して飲ませられますね。

富士山麓の天然水を扱うウォーターサーバーを導入すれば、いつでもこの美味しい水が新鮮な状態で自宅まで届けられます。バナジウムによるプラスアルファの効能を計算に入れなくても、身体が喜ぶ天然水で毎日の美容と健康をサポートしてはいかがでしょうか。

ちなみにバナジウムを含有したウォーターサーバーを選ぶならこちらの記事をご覧下さい。

 美容に最適!バナジウム天然水のウォーターサーバーランキング

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2017年版!ウォーターサーバーランキング

利用者300人の本音の口コミランキング