1. ホーム
  2. ウォーターサーバーの疑問
  3. ≫産婦人科の導入実績が豊富なウォーターサーバー2選

産婦人科の導入実績が豊富なウォーターサーバー2選

産婦人科に導入されているウォーターサーバー

貴女は産婦人科で導入されているウォーターサーバーをご存知でしょうか?

赤ちゃんが出来て産婦人科に行くようになると、産婦人科に置いてあるウォーターサーバーなどを見て水の大切さを知り、自宅にもウォーターサーバーを導入したという人もたくさんいますね。

赤ちゃんにとってはお母さんが口に入れたものが命のすべて。特に身体のほとんどが水分で出来ている赤ちゃんにとっては、お母さんの飲む水は自分の命そのものです。護る立場のママやプレママたちが自分が飲む水の大切さを実感するのは、とても大切なプロセスですね。

そしてそんな命を守る産婦人科に導入されているのが「クリクラ」と「クリティア」です。

 

産婦人科に導入されているウォーターサーバー その1クリクラ

クリクラ

「クリクラ」は、導入されている産婦人科が全国358病院という大手メーカーです。

「ママ・プレママ応援プロジェクト」のもと、ママやプレママに無料で安全な水を使ってもらうキャンペーンなどを行なっており、12リットルのボトル6本を無料でプレゼントするなど企画も満載です。

クリクラはRO水ですので、不純物はすべて取り除かれており、業界初で「HACCPシステム(総合衛生管理製造過程)」の承認書を厚生労働省から受領するなど安全性も確かです。ウォーターサーバーのメンテナンスも年一回必ず実施するという徹底ぶりですので、アフターサポートも充実していますね。

産婦人科でも導入されているクリクラの詳細はこちら

 

産婦人科に導入されているウォーターサーバー その2クリティア

クリティア

「クリティア」は硬度25度という超水で調乳に適しているため、産院へ積極的に導入されています。

そんな実績の中、震災時に「新しい命を救う」プロジェクトが発足し、社団法人日本産婦人科医会からの支援の呼びかけに応え、いま現在も被災地の108箇所もの産婦人科医院にクリティアウォーターを無償提供しています。

医師会からの感謝状は「安心安全な水で生活を幸せにする」というクリティアの基本理念をそのまま形にしたかのようですね。安全でコストも安く、水の運搬という重労働を強いられない家庭用ウォーターサーバーの導入は、ママやプレママにとって喜ばしいこと以外にありません。是非、新しい家族のためにも導入を検討されてはいかがでしょうか。

産婦人科でも導入されているクリティアの詳細はこちら

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2017年版!ウォーターサーバーランキング

利用者300人の本音の口コミランキング