1. ホーム
  2. ウォーターサーバー
  3. ≫赤ちゃんのウォーターサーバー人気ランキング!粉ミルク調乳におすすめ

赤ちゃんのウォーターサーバー人気ランキング!粉ミルク調乳におすすめ

a0001_013545

こちらでは引き続き、ウォーターサーバーと赤ちゃんについて解説していきます。続けてご覧ください。

 

ウォーターサーバーは赤ちゃんのいる家庭に必要なのか?

まず最初に赤ちゃんのいる家庭で、ウォーターサーバーは必要なのか?という疑問に対して、私なりの結論を申し上げますと、あると便利だが必須ではない。

といった感じになります。あると便利なのは間違いないです。

ただないからと言って、子育てが出来ないわけではありません。でもあると生活の質が向上するので、推奨しているというのが正直なところです。

 

ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクを作るメリット

ちなみにウォーターサーバーで、赤ちゃんのミルクを作るメリットは3つあります。まずはそこについて解説したいと思います。

 

1.粉ミルクの調乳がスピーディーに出来るから

まず最初のメリットとしては、粉ミルクの調乳が素早く出来る点でしょう。

お湯が常にストックされているので、沸かし忘れということも有りませんし、メーカーによっては、お湯の温度が70度という調乳モードが存在します。

この70度というのは、殺菌が出来てかつミルクも冷ましやすい絶妙な温度です。これらのおかげでかなり早くミルクを作ることが可能です。

 

2.新生児の夜泣きへの対応が早く寝不足対策も

また育児経験のある方ならわかりますが、新生児は夜泣きが酷いですよね。3時間おきにミルクをせがむので、どうしても寝不足になってしまいます。

しかしウォーターサーバーは素早くミルクを作れるので、その寝不足を緩和させることが可能です。

これは地味にありがたいメリットであると言えます。

 

3.大きくなったら離乳食にも使える

そして半年ぐらいになると離乳食が始まるのですが、この離乳食を作る際もウォーターサーバーは大活躍します。

それに離乳食後に寝かせる際も、当分はミルクを飲ませることになるので、その際もウォーターサーバーは重宝するようになります。

 

赤ちゃんのミルク作り時にウォーターサーバーの水は煮沸は必要?

赤ちゃんのミルク作りの際に、ウォーターサーバーの水は煮沸は必要なのでしょうか?その疑問についてお答えします。

 

お湯は70度以上という基準は満たしており煮沸は不要

まず最初にお湯に関してですが、ウォーターサーバーのお湯は85~90度に設定されているメーカーが多く、殺菌に必要な70度以上という基準は満たしています。

そのためウォーターサーバーのお湯に関しては、煮沸は不要です。

 

冷水は正直なところ疑問は残る

他のサイトを見ると冷水は煮沸不要だという意見が目立つのですが、私はこれに関しては非常に懐疑的です。

というのもウォーターサーバーは雑菌が増殖しやすい環境にあるからです。

フレシャス、コスモウォーター、サントリー天然水サーバーのようなサーバー内の殺菌機能があるメーカーでない限りは、冷水は使用すべきではない。

というのが私の意見です。ただしサーバー内の殺菌機能があるメーカーであれば、煮沸なしでもそのまま使用できるので、メーカー次第といったところです。

 

赤ちゃん向けのウォーターサーバーを無料お試しは出来る?

赤ちゃん向けのウォーターサーバーで、無料お試しはクリクラのみです。

クリクラにはクリクラママという赤ちゃん向けのプランがあり、それは無料お試しと併用することが出来ます。

お試し期間は2か月です。興味のある方は申し込んでみてもいいと思います。

 

調乳のみにウォーターサーバーを使用したら毎月いくらかかる?

ちなみに調乳のみにウォーターサーバーを利用した場合は、どのくらいの費用がかかるにのでしょうか?

妊娠6ヶ月です。赤ちゃんのミルク用にウォーターサーバーを、検討しております。主に赤ちゃんのミルク、離乳食作りに使って大人は今まで通りブリタか、水道についている浄水器の水を使用
するつもりです。

赤ちゃんのみに使うとして1ヶ月に何リットルくらい使いますか?
成長につれてミルク量も増えるとは思いますが大体で知りたいです。
持病のため薬を飲んでいるのでミルクの比率を増やすつもりです。(母乳に薬の影響は出ないとは言われているが心配なので。。)

本文引用妊娠6ヶ月です。赤ちゃんのミルク用にウォーターサーバー – Yahoo!知恵袋

ちなみにこれに対する回答は、月額3,000~5,500円ほどが答えです。

赤ちゃんのミルクは、大体1日1リットルほどを見ておいた方が良いです。その1日1リットルで計算すると大体上記のような金額になります。

メーカーによってボトルの金額が違うので、金額にこの程度の開きが出てしまうのは仕方がありません。

大人が飲んだ場合は、これにさらに少し上乗せする感じです。

 

赤ちゃん向けのウォーターサーバーで安いメーカーはどこ?

これに関しては本当に難しいです。一番安いメーカーと言えばアルピナウォーターなのですが、アルピナウォーターはあまり赤ちゃん向けではないです。

ですがその次に安いコスモウォーターのプラスプレミアムであれば、赤ちゃん向けなので比較的おすすめです。

調乳モードが無いのがネックですが、かなり月額3,000円程度のかなり安い金額でウォーターサーバーを導入できるのは強みです。

 

赤ちゃん向けのキャンペーン・特典ありのウォーターサーバー

ちなみにここで、赤ちゃん向けのキャンペーン、得点のあるウォーターサーバーをまとめてみました。参考までにご覧ください。

メーカー プラン名 キャンペーン・特典
アクアクララ べビアクア 初期費用3,600円→1,200円に値引き。毎年12リットルボトルが5本無料。ママ向けのプレゼントあり。
クリクラ クリクラママ お試し期間中に3本無料でプレゼント。お試し終了後に継続する場合は12リットル(1,250円)のボトルを追加で6本プレゼント。
プレミアムウォーター プレミアムベビークラブ 赤ちゃん向け専用サーバーcadoが使用可能。さらには初期費用無料、サーバーレンタル料割引、ボトル費用も1,960円→1,360円に割引。

今現在、赤ちゃん向けの専用プランを組んでいるメーカーは以上の3つです。どれもお得なプランなので検討して見る価値はあります。

 

ウォーターサーバーで実践!赤ちゃんのミルク作り方

ウォーターサーバーを使ったミルクの作り方では上記の動画が判りやすいです。

動画を閲覧できないという環境の方もいると思うので、手順を簡単に文章化してみました。参考までにどうぞ。

  1. 哺乳瓶を事前に消毒しておく
  2. 哺乳瓶に粉ミルクを入れる
  3. チャイルドロックを解除する
  4. お湯を哺乳瓶の既定のメモリまで入れる
  5. 熱いので布巾などで哺乳瓶を持つ
  6. 蓋をして哺乳瓶を振ってミルクを溶かす
  7. 最後は流水で人肌まで冷やす

これがウォーターサーバーを使ったミルクの作り方です。もっともスタンダードで安全性重視のミルクの作り方だと言えます。

これ以外には、お湯を入れた3分の2まで入れて粉ミルクを溶かした後に、3分の1の冷水を足して一気に冷やすスピード重視の方法も有ります。

安全性は落ちますが、素早く冷やすことが出来るのは魅力です。作り方は2種類あるので、好きな方法を選択すればよいと思います。

私個人の意見としては、新生児の時はやはり安全性重視のやり方が良いと思います。ある程度大きくなったらスピード重視で問題ないと思います。

実際、うちの家庭でもやっていましたが、問題が起きたことは一回も有りません。

 

123
2 / 3 ページ

気に入ったらシェアをお願いします!