2017年のおすすめはコレ!ウォーターサーバー人気ランキング

こちらではウォーターサーバーに関する疑問をまとめています。

気になる項目をクリックすれば、該当部分を確認することが可能です。もっと詳しくウォーターサーバーを知りたい貴方はご活用ください。

 

ウォーターサーバーとは?

ウォーターサーバー (Water Server) とは交換式のタンクから冷水や熱水を供給する機器。ウォーターディスペンサーとも言われる。

本文引用ウォーターサーバー – Wikipedia

ウォーターサーバーとは交換式のボトルと、お湯と冷水を供給するサーバーがセットになったサービスの総称です。

アメリカ発祥の飲料水供給サービスであり、2010年代になってから日本に普及したサービスでもあります。

2011年の東日本大震災時の福島第一原発事故を気に爆発的な普及をしました。放射能汚染されていない水が楽しめると評判です。

今では銘柄物の天然水を扱うメーカーも増えており、食、美容、健康面でも注目されているサービスです。

 

 

ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーのメリットとデメリットに関しては、以下のようなものが存在します。参考にしてみてください。

 

ウォーターサーバーのメリット

  • 自宅で美味しい天然水が楽しめる
  • お湯・冷水を作る手間が省ける
  • 赤ちゃんのいる家庭では調乳に便利
  • お湯割り・水割りも手軽に楽しめる
  • ペットの飲料水や金魚の水にも使用可能
  • 実は電気ポッドよりも電気代が安い
  • 子供のジュース離れを促すことが出来る
  • 美容・健康面でも毎日水を飲むのは効果的
  • 災害時は備蓄水として利用できる
  • 調理に使用すれば料理もおいしく仕上がる

以上のようなメリットがあります。美味しいお水を飲める以外にも、ウォーターサーバーの導入のメリットは非常に多いのです。

 

ウォーターサーバーのデメリット

  • 月額利用料金が発生する
  • ボトルを受け取る手間が生じる
  • 空きボトルを処分する必要性がある
  • サーバーの設置スペースを確保する必要がある

デメリットに関しては以上の通りです。メリットと天秤にかけて導入するかどうかを検討して頂けたら幸いです。

 

ウォーターサーバーと水道水・浄水器・ペットボトルと比較

ウォーターサーバーはその他の飲料水サービスと比較すると、どこが勝っているのでしょうか?そこについて詳しく解説します。

 

ウォーターサーバーと水道水を比較

ウォーターサーバーと水道水を比較すると、ウォーターサーバーは水の美味しさや利便性で上回っています。

一方の水道水は料金と殺菌面では勝っています。

水道水の安さはもはや説明不要ですが、水道水に含まれるカルキには殺菌作用があるため、細菌の増殖を抑えることが可能です。

ウォーターサーバーに関しては、水道水と比較すると細菌の増殖という観点では弱いのが実情です。

しかしウォーターサーバーの安全性も日々に向上しており、最近では水道水と比較して、遜色がない程に安全なウォーターサーバーも多く登場しています。

 

ウォーターサーバーと浄水器を比較

ウォーターサーバーと浄水器を比較すると、水の美味しさと利便性ではウォーターサーバーが上回っています。

浄水器が勝っているポイントは月間コスト設置スペースです。その2点に関しては勝利しています。

 

ウォーターサーバーとペットボトルを比較

ウォーターサーバーとペットボトルを比較すると、自宅での利用に関してはウォーターサーバーの圧勝です。

ペットボトルほどゴミも出ませんし、お湯や冷水も自由に利用可能です。

一方ペットボトルが買っている点は、外出時に持ち歩きやすい点です。出先で飲むことが多い場合はペットボトルに優位性があります。

 

ボトルはリターナブルとワンウェイどちらが良い?

ウォーターサーバーのボトルは回収式のリターナブルボトルと、使い捨てのワンウェイボトルがあります。

比較されがちですが、一概にどちらが優れているというわけではありません。ただそれぞれの方式の特徴は以下の通りです。

 

リターナブルボトル(回収式)の特徴

  • ボトルを再使用しているためボトル代金は安い
  • ボトルを処分する手間はなく回収に来てくれる
  • 不在時にはボトルは玄関前に置いていく
  • 宅配業者に委託せずに自社特配をしている
  • 採水地と再利用の関係から水の種類はRO水のみ

リターナブルボトルには以上のようなメリットがあります。採用しているメーカーはクリクラアクアクララアルピナウォーターなどの古参メーカーが多いのが特徴です。

 

ワンウェイボトル(使い捨て)の特徴

  • 銘柄物の天然水を楽しめる
  • 宅配業者に委託しているため配送日時を細かく指定できる
  • 不在時には再配達してくれる
  • 空きボトルに関しては自分で処分する

ワンウェイボトルの特徴は以上のようになります。

この方式を採用しているのはコスモウォーター、プレミアムウォータークリティアフレシャス、サントリー天然水サーバーなどの比較的新しいメーカーになります。

 

お水はRO水と天然水はどちらがいい?

RO水と天然水の違いについては以下の通りです。それぞれにメリットがあり、一概にどちらが優れているというわけではありません。

 

RO水について

  • NASA由来の技術であるRO膜でろ過した後にミネラルを添加した水
  • 不純物・病原菌・放射性物質を全て取り除いているため安全性は高い
  • 地下水があればどこでも生成できるためボトル費用を安く出来る
  • 水の味は残念ながら天然水には劣る

RO水は安全性と価格で勝っています。しかしアクアクララのようにRO水でありながら、天然水に匹敵する味のメーカーも存在します。

 

天然水について

  • 味に関しては天然水の方が上
  • 溶存酸素が含まれており風味も優れている
  • バナジウムやシリカなどの美容成分が豊富
  • 価格には関してはRO水に後れを取る
  • 水の安全性は採水地の保全環境に依存する

天然水は味と風味、ミネラルで勝っています。しかし価格は全体的に高めなので注意が必要です。

 

ウォーターサーバーチャイルドロックは万全ですか?

お湯に関しては主要メーカーでは、チャイルドロックは標準装備です。冷水に関してはオプションで取り付ける形になります。

またフレシャスデュオのように、サーバーの上部にチャイルドロック解除ボタンがあり、子供には物理的に解除しづらいサーバーも存在します。

 

ウォーターサーバーの料金について

ウォーターサーバーの利用料金はボトル料金サーバーレンタル料金配送料電気代の合計で決まります。

それぞれの項目に関しては以下の通りです。

 

1.ボトル料金

利用想定人数によって異なるのですが、1人暮らしなら月に2本、2人暮らしなら3~4本、4人暮らしなら4~5本くらいを想定すると良いでしょう。

ボトルの価格は1本あたり1,000~1,900円とマチマチです。

 

2.サーバーレンタル料金

 サーバーレンタル料に関しては月額500~1,000円程が相場ですが、無料のメーカーも非常に増えています。

新型サーバーであったり、アクアクララのように注文ノルマを設けていないメーカーの場合は、サーバーレンタル料を取ることが多いです。

 

3.配送料

ボトルの配送料です。今は無料の所が多いのですが、北海道や沖縄の場合は別途送料がかかる場所が多いです。

また天然水の産地から遠い場合は、送料がかかるというタイプも存在します。ここは公式サイトで確認する必要があります。

 

4.電気代

ウォーターサーバーの電気代です。大体500~1,500円前後です。

 

ウォーターサーバーの月額料金の総括

料金はボトル料金とサーバーレンタル料金、配送料、電気代の合計で決まります。

ちなみに月額利用料金は、3,000~10,000円程度の範囲で収まることが多いです。月額料金が気になるならアルピナウォーターがおすすめです。

 

ウォーターサーバーの電気代は月額いくらなのか?

ウォーターサーバーの電気代は500~1,500円前後です。サーバによってまちまちで、節電機能が付いている最新型サーバーの方が安くなります。

ちなみに電気ポッドの一か月の電気代は500円前後なので、実はウォーターサーバーとあまり大差がないことに気づきます。

 

注文ノルマの無いウォーターサーバーってあるの?

注文ノルマが無いメーカーとしてはアクアクララやアルピナウォーターなどが有名です。詳細は注文ノルマの無いウォーターサーバーの記事をご覧ください。

 

値段が格安のウォーターサーバーはどれなの?

今現在ですと、一番月額料金が安いのはアルピナウォーターになります。次点はコスモウォーターのプラスプレミアムです。

どちらもボトルの価格が1,000円前後と非常に安いのが特徴です。

 

ウォーターサーバーの解約金・違約金について

ウォーターサーバーは携帯電話などと同じように、一定期間まで使用しないと解約金が発生するメーカーがあります。

クリクラは特殊で解約金がない数少ないメーカーです。

他は半年以内での解約で5000円辺りが主流です。一番高いメーカーでは3年以内の解約で2万円などがあります。

 

私にはどんなウォーターサーバーが最適なの?

これはなかなか難しい問題なのですが、その人によって適切なウォーターサーバーは異なります。ケースごとに解説したいと思います。

 

一人暮らしでウォーターサーバーを使いたい場合

一人暮らしでウォーターサーバーを利用する際は注意が必要です。

なぜならウォーターサーバーは家族向けに設計されており、一人暮らしでは不便な点が多いからです。詳細は該当記事をご覧ください。

 

赤ちゃんのいる家庭でウォーターサーバーを使いたい場合

赤ちゃんがいる家庭でウォーターサーバーを利用したい場合は、赤ちゃんの調乳に適したウォーターサーバーを選びましょう。

詳細は該当記事をご覧ください。

 

大家族でウォーターサーバーを使いたい場合

月額料金が安いのはアルピナウォーターと、コスモウォーターのプラスプレミアムを推奨します。

大家族だと料金がかかるので節約はしたいところですね。

 

オフィスでウォーターサーバーを使いたい場合

月額料金が安いのはアルピナウォーターと、コスモウォーターのプラスプレミアムを推奨しますが、経費で落とせるので何でもいいと思います。

ちなみにオフィス利用ではアルピナウォーターやコスモウォーター以外にも、アクアクララが多いようです。参考までにどうぞ。

 

auユーザーでウォーターサーバーを利用したい場合

auユーザーの場合はフレシャスを通常よりもお得に利用することが可能です。詳細はキャンペーンページをご覧ください。

 

美容・健康目的でウォーターサーバーを利用したい場合

美容と健康目的でウォーターサーバーを利用する場合は、天然水のメーカーを推奨します。詳細は該当記事をご覧ください。

 

水素水に対応したウォーターサーバーはある?

アクアバンク、ルルド水素水サーバーなどがありますが、当サイトではアルピナ水素水サーバーを推奨しています。

アルピナウォーターが元であるため、価格が安いのが魅力です。

 

他社から乗り換えでお得なウォーターサーバーは

乗り換えキャンペーンはコスモウォーター、フレシャス、アルピナウォーターなどが行っていますが、一押しはコスモウォーターです。

キャッシュバックの金額が高いのと、コスモウォーター自体のサービスの質が高いからが一番の理由です。

 

ウォーターサーバー関連のトラブルについて

ウォーターサーバー関連のトラブルとして、以下のようなものが存在します。

 

ウォーターサーバーで寄せられた苦情

ウォーターサーバーに寄せられた苦情で一番多いのは水漏れです。

フレシャスのニードル方式などの特殊な方式の場合は、初期不良として水漏れを起こすことが多いようです。

またスーパーなどでウォーターサーバーを購入した際は、勧誘などが酷かったというトラブルも目立ちます。

やはりウォーターサーバーを申し込む場合は、ネットで行うのが一番のようです。

 

ウォーターサーバーの危険性について

ウォーターサーバーの危険性としては雑菌が増殖するリスクがあるということです。ただしこれは安全なメーカーを選ぶことで解消できます。

またチャイルドロックを解除してしまったことによる、火傷のリスクなどはあります。

小さいお子さんがいる家庭の場合は、フレシャスデュオなどのチャイルドロックの位置が高く、雑菌の増殖しづらいサーバーを選ぶことが大事です。

 

口コミで評判の良いウォーターサーバーとは?

口コミで評判が良いメーカーはコスモウォーターフレシャスなどです。これらのメーカーを選ぶと良いでしょう。

ただ最終的には自分で納得したかが重要です。ですから口コミは参考程度にとどめておくことが重要です。

 

2017年のおすすめはコスモウォーターで決まり!

人気のウォーターサーバーを比較した結果、ランキング1位はコスモウォーター

コスモウォーターは水のおいしさ、安全性、デザイン、価格、サービスなどが全て高水準で収まっているウォーターサーバーです。

これからウォーターサーバーを申し込みたい貴方は参考にしてみてください。

コスモウォーターのお申込み・詳細はこちら 3分で申し込み!コスモウォーターで毎日の生活を快適にする

 

 

12次へ »
2 / 2 ページ