1. ホーム
  2. ウォーターサーバーの選び方
  3. ≫徹底比較!電気代の安いウォーターサーバー人気ランキング

徹底比較!電気代の安いウォーターサーバー人気ランキング

ウォーターサーバーは冷水と温水をすぐに用意できる機器で、最近は一般家庭で利用する人が増加しています。

安全でおいしい水をいつでも飲めるので、健康志向の人や子供のいる家庭から高く評価されています。

しかし、ウォーターサーバーを利用する時、「どれくらいの費用がかかるの?」と考える人も多いでしょう。今回は価格重視の人向けに、電気代の安いウォーターサーバーを紹介します。

ウォーターサーバーの電気代の相場は毎月1,000円

ウォーターサーバーは水を常に一定の温度で保っておくので、待機電力を消費します。電気代はメーカーによって異なりますが、平均相場は1ヶ月で約1,000円です。

毎日電気ポットを使うと1ヶ月で約900円の電気代となり、ウォーターサーバーとほとんど変わりません。電気ポットは電気の力で冷水を温めるので、使用する度に時間と電気代がかかります。

一方のウォーターサーバーは一定の温度で保たれた水を温水にするため、非常に効率が良いです。このようにウォーターサーバーの機能を考えれば、毎月1,000円はそれほど高くない金額と言えるでしょう。

 

電気代の安いウォーターサーバーの選び方

続けて電気代の安いウォーターサーバーを選ぶポイントについて解説したいと思います。参考までにどうぞ。

 

1.電気代の安い最新モデルを選ぶ

電気代を抑えたい場合は、料金を確認してウォーターサーバーを選ぶことが大切です。

先程電気代の相場は1,000円と述べましたが、節電機能を搭載したエコモデルなら半額程度まで出費を抑えることができます。各メーカーから最新のエコモデルが発売されているので、チェックしてみてください。

 

2.天然水のメーカーを選ぶ

“実はウォーターサーバーには、天然水とRO水と呼ばれる水の種類が存在します。「天然水」は綺麗な水源から採取し、化学的な処理を行っていない水です。

ろ過や加熱殺菌といった必要最低限の処理は行われているので、安全に飲めることが魅力となります。

一方の「RO水」は水道水などを原水として、非常に細かいフィルターによってほぼ100%不純物を取り除いた水です。普通の水を人工的に綺麗な水にしたものと考えれば、分かりやすいでしょう。

ろ過する時にミネラルまで取り除かれる分、後からミネラルを加えることで天然水と同等の安全性や栄養分を実現しています。

安全性はほとんど変わらないものの、赤ちゃんや子供がいる家庭なら天然水のメーカーを選ぶのが得策です。RO水の方が価格が安く、著しく安いウォーターサーバーは天然水を使っていない可能性があるので注意してください。

 

3.電気代以外のコストもチェック

ウォーターサーバーを利用する時は電気代以外に、水代・サーバーレンタル料・メンテナンス費などの費用がかかります。

「毎月最低2本購入」といったノルマを設けている業者があり、ノルマがない場合はサーバーのレンタル料を請求するケースが多いです。メンテナンスは任意のサービスで、サーバーが汚れた時に0~5,000円程度支払います。

電気代が安くても、水代やサーバーレンタル料が高ければ意味がありません。これらの費用は業者によって無料と有料に分かれるので、事前に確認することが大切です。

 

人気のウォーターサーバーの電気代を徹底比較

メーカー 一番安いサーバー 電気代 サーバーレンタル料 ボトル料金 水の種類
コスモウォーター smartプラス 465円/月 無料 2,052円/12L
(85円/500ml)
天然水
フレシャス フレシャスデュオ 330円/月 条件付き無料(初月、月3箱以上の注文で無料、2箱未満は540円) 1,167円/7.2L
(81円/500ml)
天然水
プレミアムウォーター cado×プレミアムウォーター 504~630円 1,000円 1,960円/12L
(81円/500ml)
天然水
アクアクララ アクアアドバンス 350円/月 1,500円/月(安心サポート料) 1,296円/12L
(54円/500ml)
RO水
アクアセレクト アクアセレクトライフ 680円/月 無料 1,253円/8L
(78円/500ml)
天然水
うるのん ウォーターサーバー Grande 380円/月 324~1,147円 1,900円/12L
(79円/500ml)
天然水
Kirala Kirala Smart Server 800~1,000円/月 1,200円/月 1,250円/7.2L
(86円/500ml)
天然水
クリクラ クリクラサーバーL 1,000円~1,300円/月 無料 1,350円/12L
(56円/500ml)
RO水
サントリー天然水サーバー サントリー ウォーターサーバー 700円/月 無料 1242円/7.8L
(79円/500ml)
天然水
アルピナウォーター エコサーバー 680円/月 941円/月 1,023円/12L
(42円/500ml)
RO水
クリクラミオ クリクラミオ ウォーターサーバー 700円/月 無料 1,188円/8L
(74円/500ml)
天然水

大人気ウォーターサーバーの電気代を比較すると、1ヶ月で330円~を実現しているフレシャスデュオが最も優秀と言えます。

サーバーレンタル料が無料になっているウォーターサーバーなら、1ヶ月約465円~のコスモウォーターsmartプラスが1番安いです。

その他の3種類の最低月額料金はアクアアドバンスが350円、うるのんGrandeが390円、プレミアムウォーターIII ロングは504円が提示されています。

 

 

電気代の安いウォーターサーバー人気ランキング

利用するウォーターサーバーを決める場合、ランキングを参考にするのも1つの方法です。料金体制以外の特徴も紹介するので、是非ウォーターサーバーを選ぶ時に役立ててください。

 

1位:フレシャスデュオ

最も電気代が安い『フレシャスデュオ』は3つの機能を搭載することで、70%以上の電気代を削減しています。「SLEEP機能」は部屋の明るさを感知して、部屋の明かりが点いていない時間帯は自動的にヒーターの電源を切ってくれます。

「エコモード」は温水温度を15度下げて、消費電力を抑える機能です。これまでは冷水と温水のタンクが密着していましたが、熱干渉を防ぐ「デュアルタンク構造」が搭載されています。また、スタイリッシュなデザインに仕上がっているので、部屋の景観を損なわない効果もあります。

さらに、料金や水源の異なる3種類の天然水を自由に選べることが魅力です。

最も安い天然水なら500mlあたり約80円で、配送料やメンテナンス料といった費用が無料になっています。サーバーレンタル料は毎月2箱のノルマを達成すれば無料になり、初月は無条件で無料のサービスが展開されています。

フレシャスの詳細はこちら

 

 

2位:アクアアドバンス

“『アクアアドバンス』はウォーターサーバーを使用しない時、自動で温水温度を低下する省エネモードを搭載しています。

従来商品と比較して消費電力を最大65%、年間の電気代なら約7,000円削減できます。無料でアクアアドバンスの機能を体験できるお試しプランが用意されているので、初めての人でも安心して利用開始できるでしょう。

ブラックやホワイトなどの定番カラーだけではなく、スカイブルー・ベビーピンク・ライムグリーンといったカラフルなデザインも登場しています。

最大の特徴は独自の技術で電気代をかけずに、水を綺麗な状態で保っていることです。

殺菌を忘れがちな蛇口部分には細菌が繁殖しにくい素材を採用し、タンク内には「UV除菌ランプ」を設置しています。実際にUV照射を30秒続けると、細菌の生存率が0%になっている実験結果も出ています。

アクアクララの詳細はこちら

 

 

3位:うるのん Grande

『うるのんGrande』はエコモードのスイッチを押すことで、電気代を大幅に節約できます。さらに、内部クリーンボタンを自分で押せるため、好きなタイミングで洗浄できることが特徴です。

2週間以上行っていない場合はランプ点滅で知らせてくれるので、衛生面は問題ありません。子供がいる家庭でも使いやすいように、2段階式のロック機能を搭載しています。万が一子供がウォーターサーバーに触っても熱湯が出ることはなく、安全性が高いです。

サーバーレンタル料は324円、水代は配送ペースによって異なります。さらに、高さのある「床置きタイプ」と、コンパクトサイズの「卓上タイプ」が用意されています。

自分の都合に合わせて配送ペースやデザインを決められる、自由度の高さがうるのんGrandeの魅力と言えるでしょう。

うるのんの詳細はこちら

 

 

4位:コスモウォーター smartプラス

『コスモウォーター smartプラス』は、ウォーターサーバー業界の中でも特に人気の高い種類です。非常におしゃれなデザインで、どのような部屋にも合わせることができます。

就寝中や外出中などウォーターサーバーを使わない時はエコモードに切り替えることで、電気代を大幅に削減する仕組みです。

チャイルドロック機能や自動クリーニング機能など、安全面のシステムが充実しています。また、ウォーターサーバー特有の音を30%抑えているため、就寝中も音が気になりません。

女性でも簡単にボトルを交換できるように、ボトルの設置場所が足元になっています。重いボトルを持ち上げる必要がないため、女性から圧倒的人気を誇ります。

コスモウォーターの詳細はこちら

 

 

5位:プレミアムウォーターIII ロング

『プレミアムウォーターIII ロング』は通常時なら月額電気代が約630円かかりますが、エコモードを利用すれば約504円まで節約できます。

フレシャスデュオと同じように部屋が暗くなった時は光センサーが感知して、自動的にエコモードへ切り替えてくれるシステムです。従来の商品よりタンクの保温性を高めているので、電力をあまり消費せずに一定の温度を保てます。

ダブルロックカバーを取り付ければ、子供のボタン操作を防ぐことも可能です。2本の注文ノルマがある分、サーバーレンタル料が無料になっています。

プレミアムウォーターの詳細はこちら

 

 

電気代の安さで選ぶならフレシャスデュオ

先程述べたように、単純な電気代比較ではフレシャスデュオが最も安いです。

そのため電気代の安さで選ぶなら、フレシャスデュオが良いでしょう。水代も比較的安い方なので、非常にお得です。

フレシャスの詳細はこちら

 

 

電気代含む総合力ならコスモウォーター smartプラス

電気代以外にサーバーレンタル料を含めて考えると、レンタル料が完全無料のコスモウォーター smartプラスが最も安いです。

このようにウォーターサーバーはさまざまな費用を合算して考えることで、自分に合った商品が見つかります。

コスモウォーターの詳細はこちら

 

 

気に入ったらシェアをお願いします!

2017年版!ウォーターサーバーランキング